包茎手術はどこで受ける?クリニック選びに役立つ情報をご紹介します

包茎手術はどこで受ける?クリニック選びに役立つ情報をご紹介します post thumbnail image

さまざまなクリニックで包茎手術が実施されています。
そのため、申し込むこと自体は難しくありませんが、どこで受けても結果が同じと考えるのは間違いです。
満足度を高めたいなら、自分に合ったところを見つけなければなりません。
とはいえ、何を基準にして判断すべか分からないという人も多いでしょう。
人によって優先事項は異なりますが、多くの人が重視している基準もあります。
そこで今回は、包茎手術のクリニック選びにおいて、知っていると有利になる情報を解説していきます。
十分にこれらを理解してから、クリニックを探し始めるのが得策です。

クリニックごとの得意分野をチェック

一口に包茎といっても症状は多岐にわたります。
仮性包茎からカントン包茎まで複数の種類があるうえに、同じ種類でも程度はさまざまです。
そして、クリニックによって得意としている包茎手術が異なります。
仮性包茎を多く扱っているところもあれば、真性包茎の包茎手術に長けているところもあるのです。
熱心に探せば、カントン包茎に特化しているクリニックもあるかもしれません。
このように、とてもバリエーションが豊富であるため、自分にぴったりなクリニックもきっと見つかります。
そこでポイントになるのは、得意分野をしっかり見極めることです。

公式サイトを確認すれば、これまでの実績が載っていることも珍しくありません。
不安になりやすい患者の気持ちを理解しており、心配しなくても良いというアピールの効果を狙ったものです。
したがって、クリニックの公式サイトを念入りにチェックすることが基本となっています。
たいていのクリニックは医師を紹介するページも設けており、そこには経歴も載っていることが多いです。
それを見るだけでも、包茎手術のスキルをある程度は予想できます。
この分野では、大病院で腕を磨いてから独立する医師も多く見受けられます。

立地も選択に関わる重要な要素

できるだけ自宅から近いクリニックを選ぶこともポイントです。
知り合いに会うかもしれないという恐怖心があるため、自宅から遠いところを選ぶ人が少なくありません。
しかし、一般的なクリニックはプライバシーを重視しており、待合室を個室にしているケースも増えてきました。
したがって、近場だからといって、必ずしもプライバシーの面で不利ではないということです。
それよりも緊急時にすぐ行けることのほうが重要です。
たとえば、術後にひどく出血した場合でも、近ければすぐに処置してもらえます。
電車を乗り継いでいく場所にあると、もう無理だと感じて救急車を呼ぶことになりかねません。

そうなると、多くの関係者に包茎手術を受けたと知られることになるでしょう。
そのリスクを少しでも小さくしたいなら、自分で向かえる距離にあるクリニックを選ぶことが重要になります。
自転車に乗ることも難しいため、タクシーで20分以内という目安で探してください。
それ以上になると、医師に診てもらえるまでの負担が大きくなってしまいます。
家族のサポートを受けら、送迎もしてもらえるなら話は別です。
しかし包茎手術に関しては、身内にすら内緒にしている人が多いという実情があります。

料金面からもクリニックを比較

包茎手術の料金を事前に知ることも忘れてはいけません。
公式サイトを軽く見た程度では、基本料金しか把握できていない可能性があります。
実際のところ、症状を確かめないと厳密な金額を出せないクリニックも多いです。
しかし、それでも大体の金額は提示しているのが一般的です。
まったく料金に触れていない場合は、そこで包茎手術を受けるのはやめたほうが良いでしょう。
健康保険の対象になる場合もありますが、クリニック側の言い値で実施しているケースもあるからです。

そこで欠かせないのが、複数のクリニックの料金を比較することです。
自分の症状についてチェックすることが理想ですが、最もシンプルに比べる方法もあります。
それは各クリニックについて、仮性包茎の手術料金を明らかにすることです。
最も基本的な包茎手術であるため、その金額の上下によってクリニック全体の比較を大まかに行えます。
仮性包茎でさえ高く設定されているところは、他の種類の包茎に関しても同様だと思ったほうが良いでしょう。
一方、仮性包茎の手術がお手ごろであれば、他の種類に関しても安価である見込みがあります。
まずはこの方法で候補を絞り、そのうえで細かくチェックすると効率的です。

まとめ

包茎手術に関するCMをテレビで見たことがある人も多いでしょう。
それらは大手のクリニックによるものですが、実際には小さなクリニックでも実施されています。
設備的には大手のほうが充実している傾向もありますが、技術に関しては必ずしもそうではありません。
前述のように大手に長年勤務して、自分のクリニックを開業するケースも多いからです。
したがってクリニック単位ではなく、医師単位で比較するスタンスで臨んだほうが良い結果を得られます。
いずれにせよ、いろいろな観点で精査して、ここなら安心して任せられるというクリニックを選びましょう。